アラサー酒飲み女子が60日間禁酒してみたメリットを解説してみる【断酒・禁酒・卒酒】

美味しいものをたらふく食べるのが大好きです。お酒も好きです。そむてふ(@som_tef)です。

両親は二人とも飲める口でわたしが実家にいた頃はよくワインをあけていたし、妹もいつの間にか芋焼酎が好きな立派な呑兵衛に育っていました。

 

美味しいご飯にお酒はつきもの。

今まではお酒は外食時に飲むものだったけど、最近では疲れた週末に自分へのご褒美として一人で晩酌することも増えてきて…

頻度が増えてきたのと、スーパーのお酒売り場を通りかかるたびに買いたい衝動に駆られるようになってきていて、

『あ・・・わたしアルコール依存一歩手前にきてる』

って思ったのが禁酒しようと思ったきっかけです。

 

禁酒しようと思った理由

というわけで、
アルコールが無いと生きていけない人になりたくなかった
というのが禁酒しようと思った1番の理由です。

その他にも、

・健康診断でγGTP(肝臓)の数値が年々上がっていること

・たらふく飲んだ次の日はお腹の調子が悪くなること

・長期的な健康への害が怖いこと(脳神経へのダメージ、癌リスク上昇など)

・お金の無駄

・酔っぱらった時の記憶で抹殺したい出来事が増えてきたこと

 

特に最後のやつ。

仕事の付き合いでイヤイヤ行った飲み会では無理に盛り上げようと空回りし、会社で『面白かったね~www』といじられることが多くなり。

新人の頃はみんなが楽しければ良いかな…と思っていたのですが、もうアラサーですよ。

わたしは楽しくないし、体調も悪くなるし、気分も最悪なのでね。そろそろ好きにさせてください。

 

60日間禁酒するのに使ったアプリ

Quitzilla:悪い習慣をやめるためのサポートアプリ

毎日名言で励ましてくれます。

3日、1週間、1か月…という感じで達成するとすぐに次の目標を提案してくれるので、とてもやりやすいです。

何と言っても一番良いのが、お酒を誘われた時に断る道具になるということ。

画面を見せて、『今禁酒○○日目なんで、ごめんなさい』『お酒飲まなくなって体調良くなりました』『だから飲みません』と言えるように。

大体これで断れます。

1次会で飲まなければ、2次会に呼ばれる可能性がグッと減ります。

禁酒したことで感じたメリット

メリットしかなかったです。デメリットが見つからない。

体調が良くなった

飲み会に行くとビールとか日本酒とか冷たい飲み物をたくさん飲んだ上に食べ過ぎることが多くて、次の日にお腹がピーピーになる確率が高かったんです。

お腹ピーピー&胃痛。そして寝不足…

一緒に飲んでいた男性の先輩たちはそんなに体調悪そうに見えないから不思議で。

やっぱり体格の大きい男性とわたしのような女性では、お酒・体力のキャパが違うのでしょう。

車を運転して客先に移動するお仕事をしているので、お腹ピーピーと寝不足は最低最悪のコンビ。

禁酒することで、平日の仕事のパフォーマンスが飛躍的に良くなりました。

冷えることが少なくなった

ビールを飲むとトイレにもすぐ行きたくなって、冷えやすくなっていました。

冷え安くなった身体に生理が重なろうものなら、体の重さと吐き気・腹痛・頭痛…

アルコールのせいで体温調節不能になった冬の帰宅時、こたつで温まりながら寝てしまって結局風邪をひく…

そんなことが起こらなくなりました。

お金が貯まった

毎月5000円~1万円ほど出て行っていた飲み会代。

これが3000円以下に収まるようになりました。

浮いた7000円、1年たてば84000円ですよ。

これを年利5%の運用に回せば10年後には13万7000円くらいになるからね。旅行行けるじゃん。

会社の無駄な付き合いを断りやすくなった

Time is Life.

時は金なり、ではなくて、時は命なり、だと思っています。

私の時間は私のものであって、人の時間を奪う人は殺人者だと思っています。

会社の付き合いの飲み会は殺人行為ですよ。私にとってはね。

 

アラサー酒飲み女子が60日間禁酒してみたメリットまとめ

飲酒というたった1つの習慣をやめることで、大きく分けて3つのメリットが得られました。

・健康:お腹ピーピー・冷え・将来的な脳障害リスクなど

・お金:飲み会代節約

・時間:自分の時間を取り戻した

もちろん、『久々に会う友だちと美味しいご飯を楽しむ』などのシチュエーションではお酒を飲むこともあると思います。

でも今回、20歳すぎてから約10年で出来上がっていた飲酒習慣を、あえてやめてみて感じたこと。

お酒、飲まない方が体調が良いじゃん!!!

お金も貯まるし!!!

自分の時間も取り戻した!!!

最高!!!!!

 

これからは、お酒とは距離を置きつつ健康と美容を謳歌していきたいです。