ピロリ菌は母子感染するらしいのでピロリ菌の血液検査を受けてみたら陰性高値だった

体調が悪くなると食欲が無くなり吐きはじめます、そむてふ(@som_tef)です

胃痛の原因ってなんだろう。食べ過ぎ?早食い?ストレス…?

 

小さい頃から胃は弱いし母も胃が弱いから、遺伝かもな~なんて思っていたある日。

母がピロリ菌検査に引っかかり、除菌をしなければならないという話が耳に入ってきました。

 

母がピロリ菌感染していた

50代の母(1960年代生まれ)がピロリ菌に感染していることがわかり、除菌したと聞いたのが1年ほど前…

母は私が知る限り昔から胃が弱く、

母の調子が悪い=吐く

だったので、インフルエンザや風邪が流行る時期には夜中に何度も起きてはトイレでおえおえしている母を見ながら育ちました。

本人は体質だと思っていたみたいですが、テレビでピロリ菌検査について取りざたされていて検査してみようと思い立ったようです。

 

ピロリ菌は母子感染する可能性がある

母のピロリ菌は、1週間かけて抗菌薬を飲んで除菌できたそうです。よかった。

そもそも論としてピロリ菌の感染経路ってどこだろう、母はどうやって感染したんだ?と疑問に思ったので調べてみると

 

・飲料水からの感染

・口から口への感染

・糞から口への感染

 

などの可能性があるそうです。

参考:ピロリ菌のお話

 

免疫力が弱い幼少期に上記の原因でピロリ菌が口に入ってしまうと感染する可能性があるとのこと。

また、口から口の可能性で母子感染があります。胃に菌がいるということは、口にもいるということ。

 

母のピロリ菌感染がわかったので、母から私へピロリ菌が感染している可能性があるのでは…?

 

わたしも母と一緒で疲れているとすぐ胃が痛くなるし、小さい頃はすぐ吐いていたし、今でもお酒飲むと気持ち悪くなって吐くし(←それは違う?)

 

日本人の20代の感染率は20%で、50代以上の50%以上に比べると低いことを考えると可能性は低いかも…わざわざ病院に行くのも面倒くさいしな~、でも気になるな~

と思いつつ放置していました。

 

健康診断のオプションでピロリ菌IgG抗体検査をしてみた

会社で受けろと言われた健康診断。

施設で順番を待っている時に、オプションでピロリ菌IgG抗体検査を見つけたので良い機会なので受けてみることに。

ピロリ菌IgG抗体は、菌が体内にいた時に撃退するために作られる物質なので、感染していると高確率(100%ではない)で体内で検出されます。

ということでさくっと+2000円ほど自費で払って検査を受けました。

これでピロリ菌検査だけを受けに病院に行かなくて済んだ!やったね!

 

ピロリ菌IgG抗体検査結果!

こちらが結果です。

ヘリコバクターピロリ抗体:4.3 U/mL 陰性

10 U/mL以上だと陽性で精密検査を受けなければならないそうなので、私のピロリ菌IgG抗体検査陰性でした!

良かった良かった…

母からの感染はなかったということですね。

 

 

・・・と安心して、しばらく放置いたのですが・・・

 

ピロリ菌IgG抗体検査 陰性高値とは…?

一応医療系の会社に勤めている(しかも検査中心)なので、検査というものが万全ではないことは百も承知。

ピロリ菌IgG抗体検査の数値がどの程度の信ぴょう性があるのか調べてみようと思い立ちました。

そうしたら、

10 U/mL以上:陽性
(ピロリ菌に感染している)

3.0 ~ 9.9 U/mL:陰性高値
(過去に感染していた人:6割、現在も感染している4割)

3.0 U/mL 以下:陰性
(ピロリ菌に感染していない)

という情報が…!

参考:http://www.takamatsu-medical.com/docs/examination/images/examination.pdf

書いてあるサイトによっては陰性高値の中での真の陽性率は1割~4割、とばらつきはありましたが最低の1割でも結構な確率です。

母が感染していたこと、胃が弱いこと、小さい頃から何かとすぐ吐いていたこと、などを鑑みてこれは抗体検査以外にも検査をしてみる必要性があると考えています。

 

まとめ

 

ピロリ菌は感染していると胃潰瘍などの原因になり、将来的には胃がんを引き起こす可能性のある怖い菌です。

わたしには、

母が感染していたり、胃が弱かったり、気になることが多すぎるので今度ピロリ菌の認定医がいる病院に行って相談をしてみようと思います。

11月は忙しいからいついけるかな…

もう一度検査をしたらまた追記する予定です!