乗馬日記2018年7月前半|腰を反らさない、足をのばして踵を落とす

こんにちは、乗馬こそ人生だと思っているそむてふ(@som_tef)です。

乗馬のレッスン中に注意された点、習ったこと、改善するために必要だと考えられることを書いていく、完全なる自己満足乗馬日記です。

初心者ライダーが陥りやすい点とその改善方法を多数取り揃えておりますので、乗馬の上達のために参考にしていただけたら幸いです。

 

2018年7月前半乗馬レッスン注意点①背筋を伸ばす(猫背にならない)

私の癖の一つに、騎乗中に猫背になりやすい、というのがあります。

原因は、腹筋の弱さ

腹筋が弱いので、バランスを取ろうとして前かがみになってしまいます。

猫背になると何が悪いのかというと、馬がバランスを取りづらくなり躓いたり足を痛めたりするそうです。

実際、乗っているとかなりの確率で馬が躓きます。

これでは馬の怪我にもつながってしまいますし、乗り手である私は落馬の可能性が高まるしで悪いことしかないですよね。

それに猫背では騎乗姿が美しくないのも嫌なポイントです。

早急に腹筋を強化して姿勢を正したいと思います。

2018年7月前半乗馬レッスン注意点②腰が反っている

これも原因は腹筋の弱さです。

猫背を正そうと背中を立てるのですが、腹筋が耐え切れずに腰が後ろに流れてしまっているんだと思うんですよね。

特に速足の正反動の時に顕著にこれが現れていて、座るたびにお尻が後ろに流れてしまっています。

格好悪いことこの上ないです。

猫背にしろ、腰の反りにしろ、バランスも悪くて見た目が美しくなくて私の美意識から反するので、どうにかして腹筋の強化をしなければなりません。

筋トレ苦手なんですよね…(小声)

 

2018年7月前半乗馬レッスン注意点③足が縮こまっている

馬を動かすために脚を使おうとすると足が縮こまり、踵がどんどん上がって行ってしまいます。

するとバランスも悪くなり落馬もしやすくなりますし、踵が常に馬のお腹に当たっているので馬にもストレスです。

改善するには、リラックスして足を延ばして踵を落としておくこと。

これが意外に難しくて、体幹がしっかりしていないとすぐバランスを崩してしまうんですよね…。

私も例外なく踵が上がってきてしまうので、最近はかなり意識して足をリラックスさせて踵を落としています。

1度だけ、だいぶ踵が下がってきた、と褒められましたが常に出来ることを目標としたいと思います。

現在ショートブーツとチャップスを使用中なのですが、ブーツが足にフィットしていないのではないか?という疑問も残っています。

ただ道具のせいにするのは簡単ですが今のところ道具云々を言うレベルに達しているとは思えないので、今は自分にできることを忠実に確実に行っていきたいと思います。

 

2018年7月前半乗馬レッスン注意点④右足の膝が開いている

乗馬を再開した初期のころからよく言われていて、右足の脚の使い方が間違っているという自覚があった癖です。

ただどうしたらよいのかわからず未だにたまに出てしまうのですが、どうやら股関節が硬いことからきているようです。

股関節が硬い、というのなら騎乗前に柔軟や準備体操をしっかりやるのが大切。

午前中に乗ることが多いので、乗馬の日の朝は余裕を持って起きて足首と股関節周りをほぐしてから行くようにしています。

 

2018年7月前半の乗馬改善点のまとめ

今月の前半の課題です。

 

①腹筋の強化

②足をリラックスさせて踵を落とすこと

③股関節を柔らかくすること

 

の3点が課題だと分かりました。

まずは、腹筋を毎日やることを習慣にしたいと思います。