プロフィール

こんにちは!そむてふ(@som_tef)と申します。

名前:そむてふ

性別:女性

年齢:30代

職業:会社員

趣味:乗馬、ブログ、とめどない知識漁り

 

ということで、ここから先はブログを書く理由・生い立ちなどをつらつらと書いていきます。

99%の方はそんなに興味のないと思いますので、とりあえずツイッターのフォローだけでもお願いします!

だいたい、馬馬馬馬ブログ嵐自然科学鳥 な感じでつぶやいています。

ブログを書く理由は、内省を深めたいから。

ブログという媒体を通じて文章を書くことで『内省』を深めたいと思いました。

ストレングスファインダーという自分の強みの傾向がわかる本をやってみて導かれた、私の強み第1位は『内省』。

何かと常に思考をフル回転させていることが好きで、かつ得意です。

日がな一日考え事や調べものをして過ごすことが最高のひと時で、GoogleやWikipediaの中毒者。興味のあることはとことん調べたり考察するのが好きです。

ただ弱点として、なんでも脳内で完結しがちなところがあったので、きちんと場を設けアウトプットをする習慣を付けようと思いました

そうすることで考えたことを具現化出来たり、人にわかりやすく説明出来たり、そうすることによって人間関係が広がっていく予感があり、人生が豊かになりそうだと思ったからです。

 

ざっくり生い立ち

横浜生まれ、東京育ち。

東京と言っても狸やハクビシンが出没し、雪が降ると必ず中継されちゃうところです笑。

小学校時代

小さい頃から、気付けば生き物を追いかけているような子供でした。

ミツバチを素手で捕まえようとして盛大に刺され、親指が2倍になった小学1年生。

魚を捕まえようと川に行く計画を友だちに話したら小学校の先生に告げ口されて怒られた小学3年生。

カブトムシより難しい、クワガタの継代飼育(成虫~卵~幼虫~成虫)に成功した小学5年生。

地上波の自然動物番組は全てチェックしていましたし、動物園に行けば必ずポニーに乗り、ふれあいコーナーに入り浸ってはニワトリやウサギと戯れていました。

家の近くの空き地で生まれたカルガモのヒナを捕まえたこともありました。
(その後きちんとお母さんカモに返しました)

小学校の後半は中学受験のために塾に通っていましたが、理科の生物分野だけは勉強せずに97点とか取れていました。

中学校時代

中学生になり、馬に乗るのが好きな私を見て母が乗馬クラブへ連れて行ってくれました。

この体験が本当に楽しく魅力的で、その後の約3年間毎週通うことになります。

この頃馬の世話や騎乗時間を含め、体を動かし筋力をつけることが出来たことは、今の人生の役にたっていると思っています。

学校の部活では管弦楽でチェロを弾いており、体育以外では運動らしい運動をしていなかったからです。

また一方で、チェロを弾くこともどんどん楽しくなっていました。

毎日練習して上達していることも感じられ、またみんなで1つの音楽を作り上げる楽しさをこの時に知りました。

 

あ、そういえばこの頃も生物のテストは満点近かったですね。

高校時代

中学時代から続けている管弦楽と、勉学に集中するため乗馬をやめました。

将来について考えることが多くなりましたが基本路線としては生物系から派生したものが候補でした。

動物が好きだから獣医になるか…?医療系の専門職…?それともバイオテクノロジー系の勉強をして就職に備えるか…?

獣医になるとしたら大動物を診る獣医になりたいと思いました。

しかし産業動物である牛や馬の獣医になるということは、残酷な場面にも立ち会わなければならないということだと気づき始めていました。

色々と想像し、耐えられる気がしなかったのでやめました。

医療系の専門職も人間の命に直接係わるのが嫌で、却下。

そこでバイオテクノロジー系の勉強をしようと思い勉強し、大学に進学します。

ちなみに大学受験では何を血迷ったか物理・化学選択をしてしまいます。結果、物理が撃沈。

やはり自分の好き・得意ななものを選ぶことが人生をうまく進めていくには必要だとこの時に学びました。

大学~大学院時代

なんとか大学に滑り込み、今度はダイビングサークルに入って海中でお魚やカメをみて楽しんでいました。

なんだかんだ言って、やはり生き物を追うことはやめられませんでした。
(船酔いが激しく日焼けに弱い体質だということが認識でき、現在はフェードアウトしています笑)

大学部生時代はダイビング、アルバイト、単位の取得、そして突然ジャニーズの嵐にハマり福岡から北海道までライブのために旅する生活をしていました。

バイオテクノロジーは面白かったのですが、目的や使い道のわからない詰め込み式の勉強が嫌いなため、とにかく覚えろと言われる科目は勉強せずによく落としていました。生化学とかね…。

しかし研究室に配属されると、『研究を成し遂げる』という目的が発生します。

研究室では自分1人だけで完結できる実験系を選んだこともあり、力を試すことが出来るという楽しさもあり、割ときちんと研究生活を送っていました。

卒業後にファーストネームで論文を発表できたこともそのことを物語っていると思います。

ただ、同じ部屋に閉じこもり顕微鏡をのぞき続ける生活を一生続けるのはキツ過ぎる…と気づき、研究職は断念。医療系メーカーの外勤職への就職を決めました。

現在

会社員1~2年目は暗黒時代。先輩とうまくいかず、鬱寸前で体調も最悪でした。

身体に現れた変化は、肌荒れニキビ・風邪・激しい体重の増減などなど。

異動などもありなんとか生き抜いて仕事も普通にこなせる様になってきたのが今現在です。

体調を整えること、美容の悩み、歯列矯正など、全ての資本である自分の身体にはなるべくきちんとお金をかけるように心がけてきました。

するとだんだん元気になって趣味に目を向けようという気力が出てきます。

そして昨年(2017年)から乗馬を再開し、大好きな乗馬を通じて運動をする習慣を取り入れることが出来る様になったことで、ますます人生が楽しくなっています。

やはり自分が楽しいと思う趣味は何があっても手放してはいけませんね。

お問い合わせ

コチラのリンクへ(お問い合わせ)

プライバシーポリシー

コチラのリンクへ(プライバシーポリシー)